チェンライのホテル予約・検索なら「タイナビ」

チェンライについて

ミャンマー、ラオスと国境を接するタイ最北の地・チェンライは、かつてタイ北部を統治したランナー王朝最初の都があった場所です。隣接するチェンマイなどと共に、現在も「ランナー文化」と称されるタイ北部独自の文化・伝統が色濃く残り、メコン川のほとりにあるチェンセーンには、ランナー王朝時代の遺跡群が、チェンライ市内には美しい寺院や文化施設が数多くあります。一方、自然豊かな山岳地帯には、さまざまな山岳少数民族や旧中国国民党軍の子孫などが暮らし、王室の別荘地があることでも知られています。

チェンライは、ランナー建築の仏教寺院や庭園が点在する静かな街です。15世紀に建立されたワット・プラケオは、バンコクのワット・プラケオの本尊「エメラルド仏」が安置されていた由緒ある寺院です。また新しい観光スポットとしては、郊外にある純白に輝く彫刻のように美しい寺院、ワット・ロンクンが。新進気鋭の芸術家がライフワークとして建設したもので、ギャラリーで作品を見ることもできます。夜は、少数民族の露店が並ぶ賑やかなナイトバザールで、散策や食事を楽しむことができます。

にぎやかな国境の街、メーサイ

間近にミャンマーと国境を接するメーサイは、果物や乾物、宝石などを売りに来る商人たちで賑わう街。市場には、食料品や衣料品といった生活必需品が並び、行き交う人々の活気があふれています。丘の上に上がると、国境の向こうの景色が、まるで同じひとつの街のように見えます。タイの国境ゲートで手続きをすれば、国境の小さな川、メーサイ川に架かる橋を渡ってミャンマーゲートへ。陸路で国境を越えてミャンマーのタチレクに行くことができます。

バンコクまたはチェンマイから、飛行機またはバスで行くことができます。空路ですとスワンナプーム国際空港とドンムアン空港からタイ国際航空のほか、バンコクエアウェイズ、エアーアジア、ノックエアーなどが飛んでいます。バスで行く場合はバンコク北ターミナルからチェンライまで10時間程で着きます。

タイナビがお勧めするチェンライの優良ホテル

アマリン リゾート

チェンライ空港の近くに位置する格安リゾートホテルです。周囲にはメンライ王像、ワットプラシン、ワットプラケオと観光名所が近くにあります。また、BBQ施設などのほか、すぐ近くにはゴルフ場もあります。

ダイヤモンド パーク イン チェンライ & リゾート

チェンライのバス乗り場から歩いて10分、チェンライ市内の中心部に位置するホテルです。場所が良く、観光地やチェンライ市内に移動するのが楽です。

マリョ リゾート

チェンライ市内中心部から少し離れた場所に位置し、チェンライ時計塔から1.5キロの位置にある格安ホテルです。全60室あるお部屋は白を基調としたデザインで清潔感があります。

ナック ナカラ ホテル

チェンライ市内中心部に位置し、メンライ王像、ワットプラシン、ワットプラケオ、チェンライ時計の塔などの観光地へのアクセスも容易な格安ホテルです。お部屋は清潔感があり設備もアニメティも豊富に揃ってます。

ラ ビ エン ローズ ホテル

チェンライ市の東部エリア、ワット・ミン・ムアンより約750mのところに位置するホテルです。中央に円形の車寄せを設けたエレガントな建物は窓が整然と並んでおり、白を基調としたロビーはさわやかで明るく開放的です。

ワイアン イン ホテル

1975年に建築されたワイアン イン ホテルは、チェンライでも人気の高いホテルです。チャンライ市内中心部にあるためアクセスが良く、周辺にはコンビニ、ナイトバザール、ゴルフコース、観光名所があり大変便利なロケーションにあります。

ル パッタ チェン ライ ホテル

まるで高級コンドミニアムのような雰囲気の「ル パッタ チェン ライ ホテル」はチェンライ市内の中心部に位置しています。ショッピングセンターやナイトバザール、観光施設に行くのにもアクセスが良く、ホテル周辺にはコンビニや売店があります。

ル メリディアン チェンライ リゾート

チェンライ空港から車で10分、市街地へのアクセスも良く、チェンライ観光の拠点として便利なロケーションに位置するラグジュアリーリゾートです。全159室あるお部屋は、モダンなインテリアで高級感があり、広さ53uの広々としたスペースが魅力です。

ラルーナ ホテル & リゾート

チェンライ国際空港から約15分、チェンライ市内より少し離れた閑静な場所にあるリゾートホテルです。オープンエアのロビーは南国にふさわしく、明るく開放的な雰囲気があります。

リージェント チェンライ ブティック リバー リゾート & スパ

市街地中心部から歩ける距離にあり、メコン川のほとりに建つ伝統的なタイ北部のランナー様式の高級リゾートホテルです。

ザ インペリアル リバー ハウス リゾート チェンライ

チェンライ国際空港から約15分、チェンライ市内より少し離れた閑静な場所にあるリゾートホテルです。オープンエアのロビーは南国にふさわしく、明るく開放的な雰囲気があります。

ジョイナフィーとは?

ジョイナーフィー(Joiner Fee)とは、登録されていないゲストを部屋に滞在させる時の料金を指します。

一般的にホテルでは、セキュリティ上の理由等により、事前に登録されたゲスト以外は宿泊することができません。どうしても宿泊させたい場合は、フロントにパスポートやIDカードを預けた上で登録手続きが必要で、場合によっては、追加料金(ジョイナーフィー)を請求される場合があります。なお、風貌や身なりを理由に、そのホテルに不適当なゲストと判断された場合は宿泊を断られるケースもあります。

パスポートかタイの運転免許所は必ず持参すること

ホテルのチェックインの際、パスポートかタイの運転免許証など身分を証明するものが必要です。証明するパスパートや運転免許証がない場合、ホテルに宿泊できない場合もあります。

また、デポジットとしてクレジットカードの番号が控えられます。ホテルによってはクレジットカードの番号ではなく現金(1,000から2,000バーツ)を預ける場合もあります。このお金はチェックアウト後に返却されます。

バウチャー(ホテルの予約表)

ホテルの予約表(バウチャー)は必ずコピーして持参しましょう。タイの地方のホテルの場合、バウチャーがない場合、予約の確認ができず、正規料金(ウォークインの価格)になったり、宿泊客が多い場合、宿泊できないなどのトラブルがある場合があります。必ずバウチャーは持参しましょう。
前のページに戻る

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません