ホアヒンのホテル予約・検索なら「タイナビ」

ホアヒンについて

バンコクの南西約200キロメートル、タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するプラチュアッブキリカン県のホアヒンは、王室の保養地として古くから発展した優雅な気品漂うリゾート地です。

静かな白い砂浜と、それに沿って建ち並ぶワールドクラスのラグジュアリーホテル、さまざまな美しい意匠が凝らされた歴代王の離宮、南国の太陽に映える名門ゴルフコースの芝生、新鮮なシーフードを提供するレストラン、野生動物の観察にトレッキングと大自然を満喫できる国立公園──ここでは、都会の喧噪から離れ、ゆったりと穏やかな時間を過ごすことができます。スワンナプーム国際空港から車で約3時間というアクセスの良さも魅力です。

アユタヤ王朝の往時を偲ばせる壮大な遺跡群

南北約5キロメートルにわたって美しい白浜が続く、ホアヒン・ビーチ。1911年にバンコクから当時英国の植民地だったマレーシアへと続く鉄道が開通し、この地へ欧米人が保養に訪れるようになったのがそのリゾートとしての歴史の始まりです。その後、ビーチ沿いに王室の別荘が次々と建てられ、現在のような静かで格調高い雰囲気がつくられていきました。なかでもラーマ7世が海辺に建てたスペイン風の離宮、クライカンウォン宮殿はホアヒンのシンボルのひとつで、現国王もたびたび静養に訪れる場所となっています(国王不在時に限り一般公開)。

またタイで最も美しい鉄道駅と言われるホアヒン駅のプラットフォームにも、かつて王室が利用した専用待合室が残され、そのこぢんまりとしながらも品の良いたたずまいがロイヤルリゾートとしての歴史を物語ります。

ホアヒン・ビーチでは、エンジン音のするマリンスポーツが禁止されているため、海辺のひとときをゆったりと静かに過ごすことができます。そんなホアヒン・ビーチで名物になっているのは、海辺での乗馬。いつもより高い視点で、白浜をさっそうと駆けていくのは爽快な体験です。また周辺にはカオ・タオやスアンソンなど地元の人々に人気のビーチがあり、より落ち着いた雰囲気を楽しめます。

一方、内陸部には手つかずの大自然が広がる山々が連なっており、県南部のカオ・サームローイ・ヨード海洋国立公園では、ムラサキサギやセイケイ、ミナミクイナなど東南アジアならではの珍しい鳥類の観察はもちろん、トレッキングや渓流での川下りといったダイナミックな自然を存分に満喫できるアクティビティが。また、ペッチャブリー県との県境をまたいで広がるケーンクラチャーン国立公園では、11段からなる美しい名瀑、パーラウー滝が有名で、滝つぼで水遊びを楽しめるほか、珍しい鳥や蝶の観察ポイントとなっています。

タイナビがお勧めするアユタヤの優良ホテル

タナオ スリ リゾート

タナオスリリゾートは、ホアヒンの中心部から車で約25分のところにあるコテージタイプのリゾートです。周囲にはゴルフ場やウォータースポーツ設備が整った施設がありますのでレジャーを楽しむこともできます。

ザ プライバシービーチリゾート&スパ

広いプールが特徴のプライベートビーチリゾートです。ホアヒンの街からは離れておりますが、サムロイヨット国立公園、カオサムロイヨット国立公園、プラヤナコーン洞窟などの観光地にアクセスが良いです。

レスト ディテール ホテル ホアヒン

ホアヒンの中心部から北へ車で5分、タイ湾沿いに立地する格安リゾートホテルです。海に向かって細長いプールを囲むように、ヴィラや低層のビルディングタイプの建物が広がります。

D ヴァリー ディーバ キアン ハード ビーチ

ホアヒン空港から車で10分、ホアヒン駅から車で5分とアクセスが良く、ホテルのすぐ目の前にはホアヒンで最大のショッピングモールがあります。徒歩3分でホアヒンの美しいビーチに行くことができます。

プタラクサ ホアヒン リゾート

ホアヒンの中心部そして、メインビーチから徒歩圏のエリアに新たにオープンした贅沢なブティックリゾートです。白を基調にしたお部屋はモダンかつホアヒンの気品ある雰囲気が感じられます。

ウォラ ブラ ホアヒン リゾート&スパ

ホアヒンのビーチ付近に位置するリゾートホテルで、タイ様式とコロニアルスタイルが融合した建物で、特に美しいエントランスが印象的です。全室バルコニー付きで、美しい景色を見ることができます。

アナンタラ ホアヒン リゾート

チャオプラヤー川を一望できるリゾートホテルです。タイの伝統的な村のように、広大な敷地に緑生い茂る自然の中にヴィラとラグーンルーム棟が設置されています。

ケープ ニダラ ホテル

ホアヒン駅より車で10分の場所にあるビーチ沿いに位置しており、ホアヒンの中でもトップクラスの上質な高級リゾートホテルです。全室ヴィラタイプのお部屋で、全室プライベートプール付きです。

バイヤン ザ リゾート ホアヒン

ホアヒン市内から約5km離れ、カオタキアブビーチのすぐ近くに位置しているリゾート&ゴルブクラブです。ゴルフ場とクラブハウスが併設されており、ゴルフ好きであればたまらない環境です。

デュシタニ ホアヒン ホテル

ドゥシタニ ホアヒン ホテルは、ホアヒンの中心部から車で約5分の場所に位置し、緑豊かな丘陵地帯に立つ、全室ヴィラタイプのリゾートです。客室も上品で景観も素晴らしく贅沢です。

ノボテル ホアヒン チャアム ビーチ リゾート & スパ

ビーチ沿いに建ち、23階の建物からはチャアムの海が一望できます。屋外プールはウォータースライダー付きで、お子様が遊べるプレイゾーンやキッズワールドもあるのでご家族に最適です。

AKAリゾートホアヒン

AKAリゾートホアヒンは街の中心部から約10分の距離に位置するホアヒンの中でもトップクラスに入る高級リゾートです。客室は全てヴィラタイプで、プライベートプール付きでカップルやご家族にぴったりのリゾートホテルです。

ジョイナフィーとは?

ジョイナーフィー(Joiner Fee)とは、登録されていないゲストを部屋に滞在させる時の料金を指します。

一般的にホテルでは、セキュリティ上の理由等により、事前に登録されたゲスト以外は宿泊することができません。どうしても宿泊させたい場合は、フロントにパスポートやIDカードを預けた上で登録手続きが必要で、場合によっては、追加料金(ジョイナーフィー)を請求される場合があります。なお、風貌や身なりを理由に、そのホテルに不適当なゲストと判断された場合は宿泊を断られるケースもあります。

パスポートかタイの運転免許所は必ず持参すること

ホテルのチェックインの際、パスポートかタイの運転免許証など身分を証明するものが必要です。証明するパスパートや運転免許証がない場合、ホテルに宿泊できない場合もあります。

また、デポジットとしてクレジットカードの番号が控えられます。ホテルによってはクレジットカードの番号ではなく現金(1,000から2,000バーツ)を預ける場合もあります。このお金はチェックアウト後に返却されます。

バウチャー(ホテルの予約表)

ホテルの予約表(バウチャー)は必ずコピーして持参しましょう。タイの地方のホテルの場合、バウチャーがない場合、予約の確認ができず、正規料金(ウォークインの価格)になったり、宿泊客が多い場合、宿泊できないなどのトラブルがある場合があります。必ずバウチャーは持参しましょう。
前のページに戻る

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません