サムイ島のホテル予約・検索なら「タイナビ」

サムイ島(スラーターニー)について

全島がココナッツの木で覆われていることから、別名「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれるサムイ島。タイで三番目に大きな島ながら、環境に配慮した開発が条例によって定められているため、その大自然と調和した、大人の洗練されたリゾートステイを心ゆくまで堪能できます。

オン・ザ・ビーチのリゾートに滞在して、沖合の熱帯雨林に覆われたパガン島(通称パンガン島)や、海水の浸食によってできた独特の景観が見どころのアーントーン諸島などへのアイランド・ホッピング、あるいはダイビングやシュノーケリングなど定番のマリン・スポーツからゴルフやジャングルでのアクティビティ、さらに古くから島民の信仰を集める寺院や彼らの暮らしに触れる観光スポットまで、楽しみはさまざまです。

個性的なビーチの数々

サムイ島東岸はさらさらとしたパウダーサンドのビーチが連なるエリア。島内で最も賑やかなビーチであるチャウエンやラマイでは活気あふれる南国リゾートの雰囲気を、少し北にあがった閑静なチューンモン・ビーチでは美しい景観をのぞむことができます。

一方、ボープッド・ビーチやメナム・ビーチなどが点在する北岸は静かで波も穏やか。手つかずの自然がそのまま残された未開発のビーチが広がる西岸からは、とても美しい夕陽を眺めることができます。

タイナビがお勧めするサムイ島の優良ホテル

メルキュール サムイ チャウエン タナ ホテル

サムイ島東部、チャウエンビーチより約500mのところにある3つ星クラスのホテルです。角地にたたずむ上品な建物は、夜になるとライトアップされ目を引きます。木材を多用した館内は自然のあたたかみが感じらます。

パビリオン サムイ ヴィラズ & リゾート

サムイ島の中でも最高のリゾートホテルの一つで、目の前には美しいプライベートビーチが広がり、タイならではの南国リゾート気分を満喫できます。ナイト マーケットにも近く、観光には最高のロケーションです。

バーン ヒンサイ リゾート

バーン・ヒンサイ・リゾートは、ラマイビーチとチャウエンビーチの間、サムイ島の東側の海を望む斜面に建てられたシービューリゾートで、大きな岩がごつごつと飛び出した独特な地形の中に立てられたナチュラルテイストのリゾートです。

チャバ サムイ リゾート

チャウエンビーチの中心のメインストリート南端エリアに位置するホテルです。やわらかなカラーでコーディネイトされた客室は、モダンなインテリアが配置され、客室練はレイク・ウイングとオーシャン・ウイングと分かれており、両方にプールがあります。

サリラヤ ヴィラズ & スイーツ

チャウエンビーチの北部エリアに位置する大型リゾートホテルです。優雅で綺麗なロビーが特徴で、ホテルの目の前は美しいプライベートビーチが広がります。客室は広く、タイ独特のモダンなインテリアが目を引きます。

バンヤン ツリー サムイ

高級リゾートの立ち並ぶ北ラマイビーチの岬に位置している高級リゾートホテルです。伝統的なタイの建築を用いた客室は全室プライベートプール付きで優雅なひと時をお過ごしいただけます。

ザ トンサイベイ

ザ トンサイベイは1987年にオープンしたサムイ島初の高級リゾートです。施設や建物だけでなく、スタッフの対応やサービスも良く、常に世界中から注目される、タイを代表するリゾートです。

アマリ コー サムイ

チャウエンビーチの北部に位置し、高級感ある伝統的なタイ様式の荘厳な建築が特徴です。客室も高級感があり、広く開放的なのでお子様連れのご家族でリゾートバカンスするには最適です。

インペリアル ボート ハウス ビーチ リゾート

歴史ある荷船を改装し豪華な家具を取り揃えてホテルとなった世界でも大変珍しいチョーンモン・ビーチに位置する高級リゾートホテルです。ゆったりとした広さがありスイートタイプの客室は室内中央に大きなジャグジーを備えたモダンなスタイルです。

ザ サンセット ビーチ リゾート & スパ

サムイ島の南西タリンガムビーチは夕陽が美しいことで有名なエリアで、その中心に位置しているのが「ザ サンセット ビーチ リゾート & スパ」です。ホテルの目の前は美しいプライベートビーチが広がり、スパやジムからも海が一望できます。

ジョイナフィーとは?

ジョイナーフィー(Joiner Fee)とは、登録されていないゲストを部屋に滞在させる時の料金を指します。

一般的にホテルでは、セキュリティ上の理由等により、事前に登録されたゲスト以外は宿泊することができません。どうしても宿泊させたい場合は、フロントにパスポートやIDカードを預けた上で登録手続きが必要で、場合によっては、追加料金(ジョイナーフィー)を請求される場合があります。なお、風貌や身なりを理由に、そのホテルに不適当なゲストと判断された場合は宿泊を断られるケースもあります。

パスポートかタイの運転免許所は必ず持参すること

ホテルのチェックインの際、パスポートかタイの運転免許証など身分を証明するものが必要です。証明するパスパートや運転免許証がない場合、ホテルに宿泊できない場合もあります。

また、デポジットとしてクレジットカードの番号が控えられます。ホテルによってはクレジットカードの番号ではなく現金(1,000から2,000バーツ)を預ける場合もあります。このお金はチェックアウト後に返却されます。

バウチャー(ホテルの予約表)

ホテルの予約表(バウチャー)は必ずコピーして持参しましょう。タイの地方のホテルの場合、バウチャーがない場合、予約の確認ができず、正規料金(ウォークインの価格)になったり、宿泊客が多い場合、宿泊できないなどのトラブルがある場合があります。必ずバウチャーは持参しましょう。
前のページに戻る

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません