スコータイのホテル予約・検索なら「タイナビ」

スコータイについて

バンコクから北へ約440キロメートル、タイ北部の南端に位置する古都スコータイは「幸福の夜明け」を意味するその名のとおり、1238年ここにタイ族による最初の王朝が開かれました。強力な軍事力と「スコータイは美しい国ぞ、水に魚棲み、田に稲穂実る」と当時の碑文が謳ったような豊穣な大地を誇り、第三代王ラームカムヘーンの時代にはその勢力が絶大なものに。

近隣諸国はもちろん中国などとも積極的に関係を結び、また仏教の普及にも尽力して多くの寺院を建造、そこからタイの文化芸術の古典様式が花開き、タイの文字や文学が生み出されるなど現在のタイの礎を築きあげました。当時の栄華を偲ばせる荘厳で美しい遺跡群は、東南アジアで最も価値のある史跡のひとつとしてユネスコの世界遺産にも登録されています。

スコータイへの行き方ですが、空路だとバンコクのスワンナプーム国際空港から直行便のバンコク・エアウェイズ(PG)に乗って1時間ほどです。鉄道だとバンコクのフアランポーン駅発ピッサヌローク駅、またはサワンカローク駅下車で所要時間7時間ほど。バスで行くとバンコク北ターミナル(モーチット)から約7時間ほどです。

ロイクラトンの発生の地、スコータイ

スコータイはタイの中でも格式あるリゾート地で、シーズンを通して世界各国から観光客が訪れます。お勧めなのはバナナの葉でできたクラトン(灯籠)を川に流して川の女神に感謝する祭り、ロイクラトンの時期でしょう。スコータイはその発祥の地といわれ、毎年11月になると世界各国から観光客が訪れます。

見どころは、ライトアップされた歴史公園を舞台に行われる歴史劇。コームローイ(熱気球)や花火が夜空に劇のクライマックスに浮かび上がる光景は、幻想的な美しさです。

タイナビがお勧めするスコータイの優良ホテル

ルアン タイ ホテル

スコータイ空港から車で約20分の位置にあるホテルです。ゴールデンチーク材をふんだんに使ったモダンタイスタイルの美しい建物で、プールを囲むように2階建ての客室が配されています。

アット アユタヤ ホテル

ロジャナ工業団地にほど近いエリアに位置する綺麗な中流ホテルです。1泊1,000バーツから1,500バーツ前後で宿泊でき、全60室のある客室は、必要最低限の設備があるので快適にお過ごしいただけます。

タラブリー リゾート

スコータイの中心部から約12km、世界遺産や歴史的な公園、主な観光スポットの近くに位置するリゾートホテルです。市内から12キロの場所に位置しています。

アーナンタ ミュージアム ギャラリー ホテル

スコータイ市街の中心部から1キロの場所に位置するブティックホテルです。日常生活から離れたゆったりとリラックスした時間を過ごせます。

レゲンハ スコータイ ホテル

メー・ランパン運河のほとり、古代の遺跡の残骸に囲まれた北スコータイ県に位置するのが「ザ・レジェンダ・スコータイ」です。ロビーや客室は専用バルコニーと専用バスルームがあるのが特徴です。

スコータイ トレジャー リゾート & スパ

タイの歴史的な遺跡公園に位置する新市街にあるホテルです。外観は伝統的なスコータイ遺跡をモチーフとしつつもスタイリッシュな外観です。スコータイ空港から約30分というロケーションに位置しています。

ル チャルメ スコータイホテル

スコータイのムアンカオに位置するこのリゾートホテルは、観光地であるスコータイ歴史公園、ラームカムヘーン国立博物館から徒歩10分圏内にあります。

タイ タイ スコータイ ゲストハウス

スコータイ新市街地のヨム川よりほど近いホテルで、スコータイ歴史公園へ向かうバスの停留所もすぐ近くにあり、遺跡巡りの宿としてはとても便利なロケーションにあります。

ジョイナフィーとは?

ジョイナーフィー(Joiner Fee)とは、登録されていないゲストを部屋に滞在させる時の料金を指します。

一般的にホテルでは、セキュリティ上の理由等により、事前に登録されたゲスト以外は宿泊することができません。どうしても宿泊させたい場合は、フロントにパスポートやIDカードを預けた上で登録手続きが必要で、場合によっては、追加料金(ジョイナーフィー)を請求される場合があります。なお、風貌や身なりを理由に、そのホテルに不適当なゲストと判断された場合は宿泊を断られるケースもあります。

パスポートかタイの運転免許所は必ず持参すること

ホテルのチェックインの際、パスポートかタイの運転免許証など身分を証明するものが必要です。証明するパスパートや運転免許証がない場合、ホテルに宿泊できない場合もあります。

また、デポジットとしてクレジットカードの番号が控えられます。ホテルによってはクレジットカードの番号ではなく現金(1,000から2,000バーツ)を預ける場合もあります。このお金はチェックアウト後に返却されます。

バウチャー(ホテルの予約表)

ホテルの予約表(バウチャー)は必ずコピーして持参しましょう。タイの地方のホテルの場合、バウチャーがない場合、予約の確認ができず、正規料金(ウォークインの価格)になったり、宿泊客が多い場合、宿泊できないなどのトラブルがある場合があります。必ずバウチャーは持参しましょう。
前のページに戻る

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません