トップ - バンコクの美容室検索 - バンコクで働く美容師に聞く「なぜタイだったのか」

バンコクで働く美容師に聞く「あなたはなぜタイで働くことを選んだんですか?」

第二回:相浦秀朗(36歳)福岡県出身 スタイリスト

今回の主人公は相浦秀朗さん(36歳)。

スクムビット・ソイ49/14にあるウルサロンのヘアスタイリスト。福岡からバンコクに来てから4年になるのだそう。福岡での勤務は毎日がとても忙しく、自分の時間をなかなか持てなかったのだが、バンコクに来てからは、多少自分の時間に余裕が持てるようになったのが一番の喜びだそうだ。

休みの日はカフェ巡りをしたり、ムエタイで汗を流すのがお気に入りのよう。

ウルサロンといえば、某フリーペーパーで「満足のいく美容室ランキング」で常に1位を獲得している超人気のヘアサロン。お客様のほとんどが女性で、評判も非常に良い。そのヘアサロンで働くスタイリスト、相浦さんに「なぜタイを選んだのか?」聞いてみた。

 

Q:まずはタイに来たきっかけを教えてください。

タイに来たきっかけは、地元の友達のお兄さんがタイで働いてみないか?と誘われて、海外で働くことには興味があったので、着の身着のままやってきました。

Q:バンコクでお気に入りの場所は?

バンコクでお気に入りの場所はトンローのコモンズとシングシングシアターです。あと満喫に出没します。

Q:休みの日は何をしてますか?

休みの日は映画いったり、食べるの好きなので、お客さんに教えてもらった、美味しいものを食べにや、ムエタイなどやってます。

Q:タイで一番苦労したこと、失敗したことは何ですか?

タイで苦労したのは、食べ物に四回あたって病院送りになった事、しっぱいしたのは日本食で酒が美味くて飲み過ぎて会計時に月の食費分使ってるしまった事酒税高いのかな。

Q:タイに住んでて一番良かったと思うことは?

タイに住んで今までやった事ない事ができたこと。語学学校やムエタイに行けるし、タイ料理が美味しくて安いので助かります。

Q:日本に帰りたいと思ったことは?

日本に帰りたいと思ったのは洋服買いたいのと、福岡の柔らかいうどんが、食べたい時趣味の釣りに行きたい時など!

Q:お店の特徴を教えてください

うるサロンはタイの紫外線や水で傷みやすくなった髪をなるべくダメージせずにオシャレ出来るようトリートメントを標準装備でかなり使ってます。乾燥しがちなカラーなどもウル艶カラーでツヤツヤにできます!

Q:スタイリストとして大切にていることは何ですか?

美容師として綺麗になってもらうのは大前提なんですが、お客様が自分で毎日スタイリングがやりたくなるようにアドバイスしてます。あと信頼してもらえる事が大事だとおもうので、ヘアケアの知識などはいろいろ勉強してます。

Q:最後にタイで美容師として仕事をするメリットを教えてください。

タイで働いていると、色んな県出身のお客様がいらっしゃって、色んな話しを、聞けるのと外国人のお客様もいらっしゃるので、やった事無い髪質にトライできるのが嬉しいです。

取材当日も予約がいっぱいで、何名かのお客様が待っている状態の中わざわざお時間を作っていただきました。実際に話すと気さくな方で、多趣味なスタイリストさんでした。

 

バンコクで働く美容師に聞く「なぜタイだったのか」vol.01

今回の主人公は田中さん(40歳/美容師)。美容学校を卒業し、カナダ、そしてドイツで美容師として数年働き7年前にバンコクに移住。田中さんにとってタイとは?

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright simchan Co,.Ltd. All right reserved.