トップ - コラム【タイのビザ、そして規制について】

タイのビザ、そして規制について

ビザランの繰り返しはもうできない?

2014年から徐々に、タイ国内でのビザ無し滞在が難しくなってきました。タイでは日本国籍保持者に対して、ビザ無しでも30日間の滞在を認めています。そこで、30日を超える前に隣国へ出国し、すぐにタイへ舞い戻るという「ビザラン」を繰り返す人たちが多く存在しました。しかし、ビザランは取り締まりが強化され、既に陸路では入国を拒否された日本人がいるとの話も聞きます。今日は在タイ日本大使館の情報を元に、厳格化されたタイのビザランに関する情報をご紹介します。

タイへのビザ無し入国を繰り返すと、イミグレで説明を求められる?

タイでは日本大使館への届け出だけで5万人を超える日本人が暮らしていますが、実数は10万人とも言われ、かつてはビザ無し滞在をしている人たちも多くいました。昨年、陸路でのビザラン取り締まりが強化されたことから、最近は観光ビザをラオスで取得して、滞在している日本人もたくさん存在します。

長期ビザの代名詞だった「学生ビザ」を更新する場合も、イミグレーションでタイ語の簡単なテストを受けさせられるケースも発生しています。かつては授業にも出ず、長期滞在のためだけに学生ビザを取る手法も存在しましたが、現在は厳しくなってきました。そして今回は、空路でのビザランも厳格化に着手したようです。さて、ここでもう一度タイのビザの種類をご説明いたします。

観光ビザ 観光目的で1回の滞在日数が30日を超える場合に取得します。ノービザ滞在30日で足りない長期旅行者が利用します。最長60日間まで、また最長30日間まで可能です。
Oビザ 「O」はOTHER(他)の「O」です。主に駐在員の家族がタイ国で駐在員(世帯主)と同居する場合に使用します。またタイの方と結婚した場合もこのビザを取得することが可能です。
Bビザ 「B」はBUSINESS(ビジネス)の「B」です。駐在員など就業を目的に入国する場合、あるいは商用で来タイする場合に使用します。このビザで入国しても労働許可証を取得しないで働けば不法就労となります。
ロングステイビザ タイに50歳以上の日本人がロングステイするためのビザです。このビザを取得するには、英文銀行預金残高証明書原本 800,000バーツ以上が確認できる証明書が必要。
EDビザ 『ED』はEDUCATION(教育)のEDです。留学やタイ語学校就学の場合に使用します。原則として就学許可期間迄で、最長1年間可能。その後1年毎に更新・延長が可能となります。
リエントリービザ タイに再入国する際に必要なビザ。ビザの滞在期限が失効しないままタイに戻ってくることが可能です。イミグレーションや空港などでも取得可能。

最近の情報によるとパスポートに観光ビザが5枚以上ある場合「次回から観光ビザを発行しない」という警告のスタンプを押される可能性があります。

観光ビザで入国する場合は、所持金を空港のパスポートコントロールで調べられる。

一部報道等でタイ入国に際して20,000バーツの現金所持が必要であるとの情報を見かけますが、タイ国入管当局によれば2000年5月8日付内務省告示により、所持すべき金額(バーツ若しくは相当外貨)は以下の通り規定されており、同規定は現在も有効とのことです。

入国時のビザ種類 一人の場合 家族の場合
ビザ無し入国又はトランジット・ビザ 10,000バーツ以上 20,000バーツ以上
観光ビザ 20,000バーツ以上 40,000バーツ以上
到着時ビザ 10,000バーツ以上 20,000バーツ以上
ノン・イミグラントビザ 20,000バーツ以上 40,000バーツ以上

タイ入国の際に、上記の金額を保持していない場合、入国拒否に合う可能性が非常に高いです。実際にタイ入国時に10,000円しか所持していなくて入国拒否に合い、タイに入国できなかったケースがありますので注意してください。

万が一、入国拒否された場合、空港のイミグレーションで3,500バーツの違反金を払えば、帰りの航空券を変更してくれます。片道の航空券の場合はそのまま拘束される可能性があります。拘束された際は「在タイ日本国大使館領事部(02-207-8501)」までお問い合わせください。

通関規制(持込み品)タイに持ち込んではいけないもの

あらゆる麻薬(大麻、阿片、コカイン、モルヒネ、ヘロイン)およびわいせつな文書、写真、物品。火器:火器および弾薬の輸入には、警察庁または地方登録局の許可が必要です。

タバコ・酒類:葉巻は総重量250g以内、紙巻タバコは200本(ワンカートン)以内まで、ワインまたはスピリッツ類は合計1リットルまで無課税です。植物・動物:植物の一部が禁制品となっています。植物や動物などの持ち込みについては、タイ王国大使館農林担当官事務所(TEL:03-6661-3844)までお問い合わせください。また、日本からの果物や食品など個人的なお土産の持ち込みについても同様です。

個人用の薬は特に制限はありません。ただし、滞在日数を大幅に超えた量は持ち込まない方がいいでしょう。念のため、主治医に処方箋と服用の必要性等について英文レターを作成してもらっておくと安心です。糖尿病患者のインスリンと注射器も同様です。

タイから持ち出してはいけないもの

仏像および菩薩像の全体またはその一部をタイから持ち出すことは禁止されています。ただし、仏教徒による崇拝、文化的交流、または研究を目的とする場合は、芸術局の許可を取得すれば例外が適用されます。また、タイのフルーツは日本へ持ち込みはできません。ただしタイの空港にて検疫検査済みのものは到着地の検疫の許可が出れば持ち帰ることができます。詳しく日本国農林水産省まで直接お問合せください。

またタイなので売られているブランドなどのコピー品を日本に持ち込むと、最悪空港の税関で現行犯逮捕される可能性があります。

Oビザ(家族ビザ)でタイで働くことは違法です。

Oビザの「O」はOTHER(他)の「O」です。そもそもOビザは配偶者ビザのこと。Oビザでタイで仕事をすることは許されておらず、タイで仕事をするにはBビザとワークパーミットが必要です。バンコクでもこの「Oビザ」でお仕事をされていますがリスクがあることを忘れてはいけません。バレないからいいのではなく、きちんとタイの国の法律を守って行動しましょう。

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright simchan Co,.Ltd. All right reserved.