トップ - コラム【タイで車を買おう(中古車編)】

タイで車を買おう(中古車編)

中古を買う場合は車に詳しい人と一緒に買おう

タイで長く住んでいますと生活の移動手段がバイクだけでは物足りなくなってきます。特にバンコクなど公共の移動手段が充実している都市以外に住んでいるとそう思うかもしれません。そこで頭をよぎるのが「車の購入」です。新車を買えるだけの余裕があれば問題ないのですが多くの人にとって「中古車」も主要な選択肢の一つではないでしょうか?

しかしタイで中古車を購入するのは日本ほど簡単なことではありません。購入手続きや買った後の申請もそうなのですが、まずは信頼のできる中古車を探すことが日本のように簡単ではないんです。しかもタイは日本ほど中古車が安くありません。日本だと製造から10年も経った車は車体価格がぐっと下がりかなり格安で買うことができます。まして走行距離が多い車だと売却したい際に値段が付かないことが多々あります。

しかしタイはそうではありません。そこそこの年式と走行距離の車がまだまだ現役の値段で売られていたりします。しかも悪質な販売主なら走行距離数や事故歴(タイは洪水などで水没した車も多い)を偽って売っていることがあります。ですので「タイで中古車を購入するのはそれほど簡単なことではない」と言えるんですね。タイ語がまだ十分でなければなおさらです。

町の中古車ショップ

タイには個人経営から各社ディーラーが経営しているものまで多くの中古車ショップがあります。

こういった店で売られている車の中には格安のものもありますが注意が必要です。走行距離は改ざんされていないか、事故歴、水没歴はないのか、購入に踏み切る前に良く調べなければなりません。残念ながら販売したいがために嘘をつく人たちが多いのも現実です。特に外国人が車を見に来たとなるとぼったくってやろうとしてくる店主もいるかもしれません。

ではこうした店で買うしか選択肢がない場合どうすれば賢く中古車を選べるでしょうか?

答えは一つ。車に詳しい人と一緒に行くのがベストです。特にタイの中古車で注意する個所、それはずばりラジエーターやサーモスタッド、冷却ファン、エアコンのコンデンサーです。タイは暑いので冷却系がしっかり動かないとエンジンがオーバーヒートを起こす可能性もあります。私も中古のアコードを購入して、冷却ファンが動いてなく、エンジンをオーバーヒートさせた経験があります。

またタイは暑いので1年中エアコンを使います。エアコンのコンデンサーは中古部品でも2万バーツ以上しますし、エアコンのガス漏れも工賃や部品代が結構かさみます。中古で買う際はこのあたりを入念に確認して買うとよいでしょう。

インターネットで中古車を探す

まずはインターネットで希望の車を探しましょう。タイの中古車を探すなら以下の2つのサイトがお勧めです。

ONE2CAR:ワンツーカー(https://www.one2car.com/)

タイの中古車検索サイトです。新車もいくらか登録されています。トップページ左側にある検索ボックスを使って条件に合った中古車を探すことができます。サイト内はタイ語ですが、プルダウンは英語なのでメーカーや車種名を指定し検索できます。

Gulliver:ガリバー(http://thai-lab.net/thai-lifehacks/usedcar)

2014年にタイ進出を果たし着々と店舗数を増やしている「Gulliver:ガリバー」です。現在タイにある8店舗のうちラチャダー店が日本語対応となっています。日本語対応スタッフが居るなら問い合わせから購入、納品まですべて日本語で対応してもらうことができます。「中古車のガリバー」という日本でも知名度を持った看板を背負っているので信頼できるというのも大きなポイントです。関心ある方は上のURLからメールで問い合わせすることができます。

町の中古車ショップ

タイには個人経営から各社ディーラーが経営しているものまで多くの中古車ショップがあります。

こういった店で売られている車の中には格安のものもありますが注意が必要です。走行距離は改ざんされていないか、事故歴、水没歴はないのか、購入に踏み切る前に良く調べなければなりません。残念ながら販売したいがために嘘をつく人たちが多いのも現実です。特に外国人が車を見に来たとなるとぼったくってやろうとしてくる店主もいるかもしれません。

ではこうした店で買うしか選択肢がない場合どうすれば賢く中古車を選べるでしょうか?

答えは一つ。車に詳しい人と一緒に行くのがベストです。特にタイの中古車で注意する個所、それはずばりラジエーターやサーモスタッド、冷却ファン、エアコンのコンデンサーです。タイは暑いので冷却系がしっかり動かないとエンジンがオーバーヒートを起こす可能性もあります。私も中古のアコードを購入して、冷却ファンが動いてなく、エンジンをオーバーヒートさせた経験があります。

またタイは暑いので1年中エアコンを使います。エアコンのコンデンサーは中古部品でも2万バーツ以上しますし、エアコンのガス漏れも工賃や部品代が結構かさみます。中古で買う際はこのあたりを入念に確認して買うとよいでしょう。

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright simchan Co,.Ltd. All right reserved.